HOME > 山本寛斎 氏

東京には、和紙・陶芸・木工・染め・織りなどの工房を持つ障がい者福祉施設があります。工房という場所では、日々の活動としてモノ作りをしています。その中から多彩なART素材が生まれていきます。会場では、芸術祭で展示された施設の作品を数多く展示しました。山本寛斎氏は、彼らの個性的で強い表現力を肌で感じ、とても楽しんでいる様子でした。後半、支援員と共にワークショップを行いました。表現における可能性について、具体的にお話しすることが出来ました。
参加団体:ぱた*八王子生活館・おだまき・わかばの家・山の子の家・デイセンター山びこ・日の出太陽の家・木馬工房・工房あかね・結いの会